高校受験 英語 長文

高校入試の英語の長文ですが、
ここは受験英語の中でも最もコアな部分だと思います。
配点が高いこともあり、そして時間もかかり、難度も高い。
今までニュアンスや勘で問題を解いてきた受験生には
太刀打ちできない問題があります。

ただ、たとえ文章を完全に読むことができなくても
ある程度の点数は取れるので、
そこまで悲観的になる必要もないと思います。

今まで身につけてきた基礎力を元にして長文を攻略していきましょう。
長文を攻略する一つの方法としては、
文章を前から後ろに読んで訳す練習を積み重ねることです。

英語の文章を日本語に訳しようとするとどうしても、
前後をいったりきたりしながら読むことが多いと思うのですが、
一度前から読んだらそのまま最後まで読みながら
頭の中で大まかな意味を掴んでいくことです。

これは言葉でいうよりも難しいです。
まず、慣れていないとこのような訳の仕方はできませんし、
難しい文章では無理にやる必要はありません。

でも、『I'm from Canada and my name is Nick.』くらいは
ぱっと→に読んでいきながらでも訳せますね。
これをできるだけ多くの文でできるように意識して読んでみましょう。

これは文章を速く読むコツの一つになります。
長文問題で時間が足りない人は
こういった読み方ができていないことが多いので、参考にしてください。

できれば、関係代名詞や接続詞、現在分詞や過去分詞などが出てきて
修飾関係が複雑な文章、例えば
『I have met the woman singing the song over there
 and she has a nice car which your brother gave her.』
などです。

これくらいの文章が左から右に読んでいき、
ぱっと意味がつかめるくらいがちょうどいいと思います。

また、必ずとは言えませんが、高校入試の問題では
長文の設問が文章のストーリー順に並んでいることも多いので、
問題を解いていく際の一つの目印にするのもちょっとしたコツです。



高校受験 英語のトップページへ戻る
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|