高校受験 英語 問題

高校受験の場合、早い段階から
高校入試の過去問題が書店にならんでいると思います。
できれば自分用に1冊は持っていたいところです。

過去3年~5年分収録されていると思いますが、
時間があるなら5年分のものを購入しましょう。
それとは他に、問題集やリスニング用の問題集も購入しておきます。

これらの問題集は過去問題を解いていく前の段階で使う教材です。

高校受験の英語では、
前半にリスニング問題、文法問題、空欄補充問題や語句整序問題、
後半に長文問題、というパターンが多いと思います。

もちろん、文法の基礎を固め、文法問題集をきちんとこなせば
長文問題とリスニング問題以外の問題の8割は確保できるようになってきます。

長文問題とリスニング問題は他に対策が必要な問題です。

まず、リスニング問題ですが、
できれば12月からは少しずつリスニング用の問題集で
実践を積んでいきたいところです。
リスニング問題は『慣れ』といってもいいくらい、
どれだけ英語をきいて触れているかで得点が変わってきます。

リスニング用の問題集では問題を解く際に気をつけるポイントや
リスニングの学習を進めるうえで知っておいて損はない情報が
盛り込まれているので、ぜひ参考にしてください。

また、きいて終わるのではなく、読み上げられた文章を
黙読できちんと読めるかどうかの確認をしましょう。
黙読で読めない文章が、リスニングで聞き取れるはずはありません。

黙読できなと感じたなら、基礎に戻る勇気を持ちましょう。
分からない部分はその都度、文法書や教科書やドリルなどで
知識を補っていけば十分です。

黙読できたら、復習で今度は音読をします。音読をした後に
もう一度CDで問題を聞きながら問題を解いてみます。

これは効果が高いです。ぜひ参考にしてください。



高校受験 英語のトップページへ戻る
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|