高校受験 英語 参考書

高校入試のための英語の参考書や問題集には
中身を詳しく解説しているために分厚くなりすぎているものもありますが、
個人的にはそのような分厚い参考書で勉強するのはあまり勧めません。

まず、塾に通わずに自分で受験勉強をするような中学生の場合、
適切な量を取捨選択することができないこともあるので
薄い問題集や参考書でも十分だと考えています。

どうしても、文法が細かく取り上げられた
分厚い参考書を使いたい受験生がいれば、
全てを読むのではなく、自分がよく理解できない分野の
ページだけを開いて読むようにしましょう。

そうでなければ限られた時間で
受験を成功させるのは難しくなってきます。
自分が取り組める量と時間を考えて参考書や問題集を選ぶのは
とても大切なことです。忘れないでください。

また、学校では中学3年生になると、先生方が入試の予想問題を
作成してくれることもあります。これは積極的に活用しましょう。

先生方はその都道府県の入試問題を今まで何度もみて、予想問題を
作ってきていますので、これは積極的に活用するべきです。

復習を1回だけで終わらせるのではなく、
なぜ自分はこの問題を間違えてしまったのかを、
ゲームを攻略するときのようにじっくり考えてみてください。

そしてもう一度解いてみます。
できれば、もう一度解いたときに満点に近い点数が取れるようになるまで
何度も復習→解くを繰り返すことが大切です。

また、予想問題を出している出版社もあるので
時間がある人はそれを活用するのもいいです。
たくさんの予想問題がありすぎて、
どの問題集を使えばいいのか迷ったときには、
英語教科担当の先生や塾の先生に相談してみましょう。



高校受験 英語のトップページへ戻る
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|