高校受験 英語 勉強法

高校入試の英語についての勉強法について考えましょう。
まず、目指す高校によって内容は変わってきます。
ここでは基本的な勉強法で、
公立の高校を受験する人を対象に勉強法を書いていこうと思います。

まず、高校受験の英語では、
『この子はどこまで基礎が分かっていて、
それをどのくらい柔軟に使うことができるのかな』
というところを見ています。

ですので、まずは徹底的に基礎を固めることが、
高校入試では高得点をとる鍵です。
応用というのは、その後からでも手をつけていけば十分だと考えます。

英語が苦手な受験生は、英語をみるだけでも嫌かもしれません。
まずはこの克服からすることです。
自分の好きな映画を日本語字幕にして見る、
英語字幕にして見る、海外のゲームをしてみる、
洋楽を聴くことで、歌詞を訳せるようになりたいと思うなど、
動機付けはなんでもいいので、まずは英語嫌いの克服からです。

それができている受験生は中学1年生の文法問題を解きます。
薄い文法の問題集でいいですので、解いてみましょう。
次に中学2年生、そして最後に中学3年生の文法問題を解きます。

どうでしょうか。解けますか?
実はここで解けない、または理解が曖昧な受験生が非常に多い。
この文法を徹底的に固めるだけでも
公立高校入試では圧倒的優位にたてることがしばしばあります。

ですので、まずは文法の理解に努めます。
ここは学校の先生、塾の先生、参考書をうまく使って理解に努めましょう。

また単語は文法問題を解いているときに一緒に勉強したり、
単語だけ勉強する時間を別に作って集中して勉強するのもいいです。

できれば、付属CDがついているならそれも一緒に使ってください。
効率的に勉強をすすめるコツでもあります。
ちょっとしたリスニング対策としても有効なのでぜひ使用してください。

中学英語の文法問題集では、和文英訳や英文和訳、空欄補充、
発音・アクセント問題などもまとめて取り上げてくれる問題集が多いので
問題集1冊を完璧にするだけでも効果は高いです。

基礎力がついてきたら、読解の練習に入ります。
薄い読解用の問題集を一冊仕上げてしまいましょう。
復習も最低3回はやって、同じ問題を3回は解きましょう。
復習の時に音読をするのもお勧めです。参考にしてください。



高校受験 英語のトップページへ戻る
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|